ここから本文です

ケルン、大迫やモデストらの得点で逆転勝利…シャルケは泥沼の4連敗/ブンデスリーガ第4節

GOAL 9月22日(木)5時3分配信

ブンデスリーガ第4節が21日に行われ、FW大迫勇也が所属するケルンはシャルケと対戦。大迫のゴールなどにより3−1で勝利を収めた。

敵地に乗り込んだケルンは36分にクラース・ヤン・フンテラールに先制ゴールを許すが、そのわずか2分後に大迫が輝く。ケルンは左サイドからクロスボールを上げると、ゴール前にポジションを取ったアントニー・モデストがボールを落とす。待ち受けた大迫が右足を振り抜くと、ボールはGKの手をかすめてゴールに吸い込まれた。日本人ストライカーにとって、嬉しい今シーズン初ゴールとなっている。

その後は一進一退の攻防が続いたが、77分にケルンがスコアを動かした。左サイドから途中出場のコンスタンティン・ラウシュがクロスを上げると、ペナルティエリア内で待ち構えたモデストがダイレクトで合わせて勝ち越しに成功する。

さらに2分後にもシモン・ツォラーのゴールでシャルケを突き放したケルンが3−1で勝利。今シーズン3勝目を挙げた。一方のシャルケは開幕から泥沼の4連敗となっている。

■試合結果
シャルケ 1−3 ケルン

■得点者
シャルケ:フンテラール(36分)
ケルン:大迫(38分)、モデスト(77分)、79分(ツォラー)

GOAL

最終更新:9月22日(木)5時3分

GOAL