ここから本文です

弟に肩貸してゴールする兄、美しき兄弟愛に称賛の嵐

AFP=時事 9月22日(木)15時22分配信

【AFP=時事】リオデジャネイロ五輪、トライアスロン男子金メダリストのアリステア・ブラウンリー(Alistair Brownlee、英国)が、ふらつく弟ジョナサン(Jonathan Brownlee)に肩を貸して2人でゴールする。世界トライアスロンシリーズ(ITU Triathlon World Series)の今季最終戦でみられたこのシーンが、カインとアベルの物語に代表される兄弟殺しのイメージを打ち消すものだとして、称賛を集めている。

 ところが賛辞の雨が降り注ぐ大騒ぎのなかで、実直で素朴なアリステアが発したコメントは、「最初はとにかくこう思ったよ。『ばか野郎』ってね。弟は本当なら簡単に優勝できていたはずなんだ。それが戦術的に本当に間抜けなミスをしてしまった」というものだった。

 当のジョナサンも、病院のベッドから自虐的なつぶやきをツイッター(Twitter)に投稿し、ゴール直前で意識がもうろうとなっている自身の動画に、「普段は水を飲み過ぎるとこうなるんだけど、今回はその逆だった。#アウチ」というコメントを添えている。

 それでもジョナサンは、英国放送協会(BBC)に対して、今回のような行動を取れるのは特別な人間だけだと話した。

「アリステアには優勝のチャンスもあったのに、それをふいにしてまで僕を助けてくれた。一生感謝する。もちろん、とても強くて善良な人間じゃなくちゃ、あんなことはできない」

「スポーツの世界では、勝利が何よりも大事だと言われる。そう言われることは多いけど、兄弟を助けることの方がもっと大切かもしれない」

 兄のアリステアはリオ五輪で金メダルを獲得し、2012年のロンドン五輪に続く大会連覇を達成。弟のジョナサンは、ロンドン五輪で銅、リオ五輪で銀を獲得し、今回のレースで33度の暑さにやられていなければ、シリーズの年間総合優勝を達成できていた可能性もあった。

 アリステアは、弟に手を貸した自らの行いが正しかったのかどうか、しばらく考え込んだことを明かしている。

「レースの後、1時間ほど座り込んで考えたよ。『本当にあれで良かったんだろうか』ってね。置いていった方が、もっと早く治療を受けられたかもしれない。誰かをゴールまで運んでいくなんて間違いだったのかもしれない」

「だけど周囲の反応が好意的だったから、僕も、多分あれは正しいことだったんだって自信を持てた」

■J・K・ローリング氏も称賛

「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの作者であるJ・K・ローリング(J.K. Rowling)氏も、自身のツイッターアカウントで賛辞を贈っている。とはいえ、使ったのは得意の美しい文章ではなく、拍手と泣き顔の絵文字を連ねたものだった。

 あるいはローリング氏は、同じスコットランド(Scotland)出身で、「シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)」シリーズの生みの親であるアーサー・コナン・ドイル(Arthur Conan Doyle)氏を手本にしたのかもしれない。というのも、1908年のロンドン五輪でも似たような出来事が起こっており、ドイル氏はそれについて言及しているのだ。

 同五輪のマラソンでは、イタリアのドランド・ピエトリ(Dorando Pietri)が勝利目前で倒れてしまい、係員の手を借りてゴールするという出来事があった。

 ピエトリは後に失格となったが、この出来事について、当時英紙デーリー・メール(Daily Mail)の特派員としてレースを取材していたドイル氏は、「かがみこむ人々と、握られた手と手。その中に一瞬だけ見えたのは、げっそりとした土気色の顔と濁った生気のない瞳、そして眉にかかる長い黒髪だった」と記している。今回のジョナサンのゴール直後の状態も、このドイル氏の表現がそのまま当てはまるように思える。

 ロシアの国家ぐるみの薬物違反、そして同国のハッカー集団ファンシー・ベアーズ(Fancy Bears)による騒動が紙面をにぎわすなかで、英国の新聞各紙は今回の話題にすさまじい勢いで飛びつき、スポーツ界の美談を情感たっぷりに書きたてている。

 デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙は、「スポーツマンシップの神髄、そして真の兄弟愛を体現した瞬間」と表現。タイムズ(The Times)紙は、優勝した選手は何年後かに忘れられても、「手中にあった勝利を手放してまで、よろめき、倒れる寸前の弟ジョニーを救ったアリステアの犠牲心は決して忘れられることはない。究極の兄弟愛だった」とほめちぎっている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)17時25分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]