ここから本文です

パラ大会旗、五輪旗と共にお披露目 11月、都庁に展示

朝日新聞デジタル 9月22日(木)10時28分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式で、リオ市から2020年の開催地、東京都に引き渡された大会旗が21日、五輪旗と一緒に都庁前の広場でお披露目された。2枚の旗は11月1日から、都庁第1庁舎2階で展示される。

【写真】掲揚された五輪旗、パラリンピック旗の前で並ぶ選手たち=21日午後、東京都新宿区の東京都庁前広場、林敏行撮影

 リオ五輪重量挙げ女子で銅メダルの三宅宏実選手らが五輪旗を、リオ・パラリンピックのカヌー女子8位の瀬立(せりゅう)モニカ選手らがパラリンピック旗を持って入場。日の丸を挟むように掲揚されると、来場者から大きな拍手が起きた。小池百合子都知事は「掲揚を見守り、東京大会の成功へ決意を新たにした」。パラリンピックの振興へ、都職員によるゴールボールとボッチャのチームを結成することを明らかにした。

 10月8日からは、都が作製した五輪旗とパラリンピック旗を、都内や東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の各県で展示する「フラッグツアー」を実施する。(松沢憲司)

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)10時28分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。