ここから本文です

【オールカマー】マリアライト態勢整った 時計平凡でも久保田師納得

デイリースポーツ 9月22日(木)6時4分配信

 「オールカマー・G2」(25日、中山)

 臨戦態勢は整った。G1・2勝馬マリアライトが21日、秋の始動戦に向けて素軽い動きを披露した。最終リハは美浦Wで単走。時計は4F54秒5-39秒5-12秒7と平凡だったが、久保田師は納得の表情を見せる。「雨の影響で力のいる馬場となったが、それでも頑張って走っていた。いつも通りの動きだったよ」とケイコ内容を評価。力を出せる状態にあることを強調した。

 前走の宝塚記念では強敵ドゥラメンテを破ってのV。昨年のエリザベス女王杯に続き2つ目のビックタイトルを手中に収めた。「昨年(5着)とは状況が違うので、どこまでやれるかとは言っていられない。ゴールドアクター、サトノノブレスと強い馬はいるが、秋初戦としてはしっかりと仕上げたつもり」とトレーナーはVを意識する。挑戦者として挑んだ昨年とは違う立場で臨むG2戦。現役最強女王が堂々と、並み居る牡馬勢を迎え撃つ。

最終更新:9月22日(木)8時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。