ここから本文です

ブラピ、離婚は親権がカギ!資産400億円の行方は?

Movie Walker 9月22日(木)8時35分配信

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの離婚劇は、6人の子供たちの親権がカギとなりそうだが、子供たちに絡んだ資産の行方も気になるところだ。

【写真を見る】離婚騒動のカギとなるピット家の子供たち

ブラッドとアンジェリーナは2004年に交際をスタート。結婚は2014年だが2006年に「ジョリー・ピット基金」を立ち上げたほか、2008年には6000万ドル(約61億円)で購入したといわれる南フランスにある邸宅はいまだに改築作業が行われており、そこに広がるブドウ畑を使用して、2人の愛の結晶といわれるブランド「ミラヴァル ロゼ」などを販売している。

ブラッドとアンジェリーナは他にも子供たちと多くの時間を過ごしたハリウッドの邸宅や、サンタバーバラにある邸宅などロサンゼルスにいくつかの家を所有しているほか、昨年から売りに出しているニューオリンズの邸宅など、総資産額は4億ドル(約406億円)といわれている。

「2人は、婚前契約書を交わしたといわれています。資産額は当時ブラッドが2億4000万ドル(約244億円)で、アンジェリーナが1億8500万ドル(約188億円)といわれていました。離婚に至った場合、すべての資産は信託財産という形で6人の子供たちに分配されることになってるようです」

「結婚前の資産は、2人の意思でどうするか決めました。しかし離婚後の資産は、チャリティ活動なども行っていますので、いくら婚前契約書があっても、分配はそう簡単にはいかないでしょう」

「子供たちのためにもブラッドは、ジョニー・デップのような醜態はさらさず、早期に解決したいと望んでいるはずです。しかし気になるのは親権で、今回アンジェリーナは養育権を要求しています。『ブラッドが結婚中にアンジェリーナ以外の女性と真剣交際に発展して離婚に至った場合、子供の親権はアンジェリーナに与えられる』とありますが、もしブラッドが浮気をしていなければ、アンジェリーナの提示する金銭面及び面会条件がカギになります」

「また、大麻やアルコール依存が結婚前のものと変わらず、ジョニーのケースような泥酔ビデオがない状況で、『子育て方針の不一致』が最大の理由であればブラッドは、親権について強く主張できるはずです。逆になにかあれば、アンジェリーナの主張を飲まないとジョニーのようになってしまいますし、子供たちを離婚騒動に巻き込むことになります。子煩悩のブラッドとしては難しい選択になるでしょう」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っている。

昨今は、女性がすべて計算済みで離婚を申請する時代。キャリアへのダメージを最小限に抑えるため、離婚を申請されたブラッドはどのような手段をとるのか、今後の展開に注目が集まっている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:9月22日(木)8時35分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。