ここから本文です

上白石萌音が高校デビュー!?「溺れるナイフ」新写真が解禁

映画ナタリー 9月22日(木)12時1分配信

小松菜奈と菅田将暉の主演作「溺れるナイフ」より、上白石萌音扮するカナの姿を捉えた新写真が解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ジョージ朝倉のマンガを山戸結希が映画化したもの。突然田舎町に引っ越してきた15歳のティーンモデル・夏芽と、神主一族の跡取り・コウが惹かれ合っていくさまが描かれる。

新たに公開されたのは、地味でおとなしそうな中学生時代のカナと、高校進学後に化粧を覚えてあか抜けたカナが比較できる2枚の写真。幼なじみのコウとモデルだった夏芽に憧れを抱くカナは、2人が惹かれ合っていることを知り、神聖視するようになる。だが、ある事件をきっかけに心を閉ざしてしまう夏芽に対して、カナは次第にライバル心を抱いていく。1週間の撮影期間の中でカナの変化を体現した上白石に対して、山戸は「眼差し一つまで演技が本当に素晴らしくて、ぜひまたご一緒したいです」とコメントを寄せた。



(c)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

最終更新:9月22日(木)12時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。