ここから本文です

MLB=田中が被弾4発も14勝目、青木はタイムリー

ロイター 9月22日(木)13時10分配信

[21日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は21日、各地で試合を行い、ヤンキースの田中将大投手は、敵地でのレイズ戦に先発登板。4本の本塁打を浴びるも、6回7安打、2四球、5三振、4失点の内容で、今季14勝目(4敗)を記録した。ヤンキースは11─5で快勝。

マーリンズのイチロー外野手は、地元でのナショナルズ戦に2番・右翼で先発出場。4打数無安打、2三振に終わった。マーリンズは3─8で敗れた。

マリナーズの青木宣親外野手は、地元でのブルージェイズ戦に1番・左翼で先発出場。タイムリーヒットを放ち、4打数1安打、1打点の成績で、8回の守備からベンチに下がった。マリナーズは延長12回の末、2─1でサヨナラ勝ちを収めた。

最終更新:9月22日(木)15時17分

ロイター