ここから本文です

富岡で移動販売スタート ヨーカドー来春まで

福島民報 9月22日(木)10時8分配信

 イトーヨーカドー平店(いわき市)は21日、避難指示解除に向けた準備宿泊が行われている福島県富岡町の複合商業施設駐車場で移動販売サービスを始めた。
 準備宿泊や一時帰宅をしている町民、除染や復興事業に携わる作業員向けの買い物環境を整備するのが狙い。経済産業省の「生活関連サービスに要する移動・輸送手段の確保支援事業」として取り組む。
 毎週水曜日と金曜日の午前11時半から午後3時まで4トントラックを改造した移動販売車が滞在する。車両は冷蔵庫や冷凍庫を備え、お弁当や肉、魚、野菜などの生鮮食品、飲み物やお菓子、トイレットペーパーや台所用品、衣料品など約500品目を載せている。その場にない商品でも利用者から注文があれば、次の移動販売の際に購入することができる。期間はヨークベニマル富岡店が再開する来春までの予定。
 セレモニーでは宮本皓一町長が「準備宿泊をしている町民らの安心のよりどころとなることを期待する」とあいさつした。福井邦顕福島相双復興官民合同チーム長が祝辞を述べた。宮本町長、福井チーム長らがテープカットし、移動販売の開始を祝った。

福島民報社

最終更新:9月22日(木)10時18分

福島民報