ここから本文です

G大阪パトリック まさかのC大阪へ移籍?

東スポWeb 9月22日(木)16時33分配信

 J1G大阪のFWパトリック(28)が窮地に追い込まれている。2014年にJリーグベストイレブン、15年にはリーグ戦で12得点をマークするなどエースストライカーとして不動の地位を築いたが、今季に入って状況は一変。自己中心的なプレーが目立つなどの理由で、長谷川健太監督(50)にチームの構想から外され、9月に入ってからはU―23チームの一員としてJ3の試合に出場する屈辱を味わっている。

 こうなると、今季限りでの退団も現実味を帯びてくるだけに、その去就が注目を集めている。

「パトリックは今の状況に全く納得いっていないと聞く。本人はまだまだやれると考えているし、移籍するだろうね。関西圏は慣れ親しんだ土地だし、ガンバを見返すという意味でも、そのあたりの可能性はあるんじゃないか」とJクラブの強化担当者は話す。

 パトリックは1月に母国ブラジルのメディアに対し、日本に帰化して代表入りを目指す希望を明かしている。年齢的にもまだ20代で、今後の活躍の場を渇望。そこで浮上するのが、J2のC大阪と京都だ。

 現在両チームとも昇格プレーオフ出場圏内に付けており、来季J1で戦うことになれば攻撃陣の補強を予定。日本で実績のある助っ人は、もってこいの存在で、パトリックにとってもライバルチームでのリベンジは大きなモチベーションになるはず。親日家の助っ人の動向は、ハリルジャパンも要注目だ。

最終更新:9月22日(木)19時6分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]