ここから本文です

【オールカマー】ワンアンドオンリー収穫の季節「体は今までで一番」

スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分配信

 【東西ドキュメント・栗東=21日】天高く馬肥ゆる秋。秋は空気が澄んで空も高く感じられ、馬も肥えるような収穫の季節を言う。そんな故事成語のごとく14年のダービー馬ワンアンドオンリーがひと回り大きくなっている。橋口師も成長ぶりを実感。調整の一工夫が結び付いたという。

 「エサを替えたりの効果もあって、体つきがだいぶたくましくなった。自分で体をつくるところがあるのでレースでは同じくらいの体重かもしれないけど、大きくなっていますね」

 最終追いはCWコースでダノンメジャー(4歳1600万)との併せ馬。6F85秒4~1F12秒9。追走する形で直線を向き、ゴール前は内から頭差先着した。

 「ジョッキー(小牧太)に乗ってもらいました。イメージ通り。体は今までで一番いいと思っています」

 一昨年9月に神戸新聞杯を制してから2年、勝ち星から見放されている。オールドルーキー・小林は指揮官の思いに触れ“復活”ならココかと感じ入った。

最終更新:9月23日(金)1時38分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。