ここから本文です

【RIZIN】木村“フィリップ”ミノル K-1魂に火をつけたベネットの行動

東スポWeb 9/22(木) 16:33配信

 K―1を代表して25日のRIZINさいたま大会に殴り込みをかける木村“フィリップ”ミノル(23=ブラジル)が、総合格闘技初挑戦での初勝利に自信を深めている。

 K―1ファイターの木村はチャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット(36=米国)を相手に総合デビューする。参戦発表から約1か月。準備期間として十分な長さとは決して言えないが「できること、対策、全てやった。あとは当日風邪をひかなければバッチリ」と胸を張った。

 勝利を確信する出来事があった。それは19日の「K―1 WORLD GP 2016」(東京・代々木)でベネットとともにリング上からファンにあいさつした時のこと。ベネットは木村に「いい靴履いているな」と話し掛けるなど、PRIDE時代同様にトボけてみせた。さらにポケットから携帯電話を取り出し、木村とのツーショットを自撮りして観衆を笑わせた。

 これについて木村は「あれでメンタルが上がりましたよ」という。その理由は「エンターテインメントの人なんでしょ、結局って。そんなヤツに負けられない。というか負けるわけない。K―1背負っていくのに負けるわけにいかない」。そのふざけた態度に闘志が燃え上がったのだ。

 さらに「K―1のみんなの試合を見て、こっちも負けられないと思った」とやる気をみなぎらせる。K―1同様、RIZINでもビッグマウス通りの活躍を誓った。

最終更新:9/22(木) 18:54

東スポWeb