ここから本文です

飯舘「までい館」に選定証 重点道の駅来夏開所

福島民報 9/22(木) 10:09配信

 東京電力福島第一原発事故で全村避難している福島県飯舘村に来夏オープン予定の道の駅「までい館」(仮称)に対する国土交通省の重点「道の駅」選定証授与式は21日、村役場で行われ、村関係者らが充実した施設づくりを誓った。
 川滝弘幸国土交通省東北地方整備局長が菅野典雄村長に選定証を授与し、「村全体の活性化の起爆剤にしてほしい」と期待を込めた。菅野村長は「責任を持ってしっかり整備する」と決意を述べた。
 「までい館」は深谷行政区の県道原町川俣線沿いに建設する。帰還困難区域を除く平成29年3月末の避難指示解除後の復興拠点となる。コンビニエンスストアや花卉(かき)の直売所などを設ける。「までい館」に隣接する災害公営住宅15戸と花卉栽培施設は29年度に着工予定。
 重点道の駅は施設整備や運営面で他の道の駅より国の手厚い支援を受けられる。全国で73カ所あり、県内では道の駅猪苗代に続き2カ所目。

福島民報社

最終更新:9/22(木) 10:15

福島民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革