ここから本文です

アディダスCEO、ブンデスリーガの国外開催について「もちろんあり得る」

AFP=時事 9月22日(木)16時49分配信

【AFP=時事】ドイツのスポーツ用品大手アディダス(Adidas)の最高経営責任者(CEO)で、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の監査役会の一員でもあるヘルベルト・ハイナー(Herbert Hainer)氏が21日、ブンデスリーガの公式戦が将来的には国外で、特に中国で開催される可能性があると話した。

 ハイナー氏は独誌スポーツ・ビルト(Sport Bild)に対して、「もちろんあり得る」とリーグ戦の中国開催の可能性を示唆し、「われわれはすでに、米国スポーツの開幕戦が国外で開催されるのを目にしている。であれば、できない理由はない」と答えた。

「われわれは現在、将来のビジョンと、どこが先陣を切るかを話し合っているところだ。プレミアリーグなのか、それともブンデスリーガなのか。リーグ戦における国の要素を無視することはあり得ないが、ハイライトとして、お祭りとしてなら現実味はある」

 米国のスポーツでは、大リーグ(MLB)がすでに、ここ数年メキシコ、東京、プエルトリコ、オーストラリアで開幕戦を開催している。アメリカンフットボール(NFL)も、2007年以降は英ロンドン(London)のウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)を中心に、国外でのリーグ戦開催を実施している。

 ラグビー界では、フランスリーグ・トップ14が、昨季の決勝戦をサッカースペイン1部リーグ、FCバルセロナ(FC Barcelona)の本拠地カンプ・ノウ(Camp Nou)で開催。2016年3月には、イングランド・プレミアシップの試合が史上初めて海外で開催され、ロンドン・アイリッシュ(London Irish RFC)対サラセンズ(Saracens FC)戦が米ニュージャージー(New Jersey)州で行われた。

 サッカー界でも、フランスのスーパーカップ(Trophee des Champions)をここ数年オーストラリア、カナダ、中国、ガボン、米国などで開催している。

 欧州最高峰のクラブの数々に用具を提供しているアディダスは、当然のことながら、欧州主要リーグの市場を海外へ拡大することに関心を持っている。

 62歳のハイナー氏は、9月いっぱいで現職を退く予定だが、8月にボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)が中国で、バイエルンが米国でツアーを開催したことなどを考えれば、すでにリーグは海外進出への強い意欲をみせていると言える。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)16時53分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]