ここから本文です

【神戸新聞杯】高橋裕師 成長ラフレシアに上機嫌「体重も2桁増えた」

スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分配信

 【東西ドキュメント・美浦=21日】台風が去った朝は気温17度。長袖をはおっても肌寒さを感じる。取材が一段落した浜田は、暖を取るために買ったホットコーヒーを手に調教スタンドへ。神戸新聞杯に出走するマイネルラフレシアの動きを追った。Wコース単走。軽快な動きを見届け高橋裕師のもとへ向かったが、いつもいるはずのエリアに姿がない。周囲を見渡すと、定位置から離れたベンチの隅で、人影に隠れている。近づいて声を掛けると「しまった。バレたか」とニヤリ。「先週しっかりやったから、今週はしまいだけ伸ばせば十分。予定通りだよ」と上機嫌だ。

 春は小食で体重維持に苦労したが「今はカイバも食べてくれる。体に張りが出たし、恐らく春より体重が2桁(10キロ以上)増えているが成長分」と、ひと夏を越してたくましくなった愛馬に目を細める。浜田にとっても菊の惑星とにらんでいる素質馬。何とか出走権利を獲ってほしい。

最終更新:9月22日(木)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]