ここから本文です

セパルトゥラのA・キッサー、リオ・パラリンピック閉会式でパフォーマンス

BARKS 9/25(日) 12:41配信

ブラジルのヘヴィ・メタル・バンド、セパルトゥラのギタリスト、アンドレアス・キッサーが、日曜日(9月18日)リオデジャネイロで開かれたパラリンピックの閉会式に出演した。

◆アンドレアス・キッサー画像

セレモニーでのパフォーマンスは、ブラジルの国民的歌手イヴェッチ・サンガロとGaby Amarantosをヘッドライナーに、Vanessa da Mata、Céuら女性シンガー、キッサー、ギタリストのArmandinho、バンドNação ZumbiとDream Team Do Passinho、ファンク・シンガーNego do Borelらが参加。

キッサーは、車椅子の利用者によるアクロバットが繰り広げられる中、Armandinho、生まれつき両腕がなく足でギターをプレイするBatosと、トリプル・ギターによる共演を果たした。

セパルトゥラは現在、2013年の『The Mediator Between Head and Hands Must Be the Heart』に次ぐニュー・アルバムを制作中。2017年のリリースを予定している。

Ako Suzuki

最終更新:9/25(日) 12:41

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]