ここから本文です

ワールドピースがレイカーズと再契約、ウォルトン氏と再タッグ

AFP=時事 9月22日(木)17時1分配信

【AFP=時事】2015-16シーズンから米プロバスケットボール(NBA)に復帰していたメッタ・ワールドピース(Metta World Peace)が、所属していたロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)と1年の契約を結び、来季も同球団でプレーすることになった。21日に本人が明かした。

 現在36歳のワールドピースは、中国とイタリアでのプレーを経て、2015年にかつて所属したレイカーズへ復帰し、レギュラーシーズン35試合に出場した。ワールドピースは米スポーツ専門局のESPNに対して、新シーズンは若手の指導役になりたいと話している。

「すべてのことにワクワクしているよ。若い連中の成長も助ける手はずは整っているし、自分でもプレーしたいし、すべてだ」

 かつてロン・アーテスト(Ron Artest)の名前でプレーしていたワールドピースは、これで元同僚のルーク・ウォルトン(Luke Walton)氏と、選手とヘッドコーチ(HC)として再タッグを組むことになる。

 ワールドピースは2010年、レイカーズでウォルトン氏とNBAファイナル制覇の喜びを分かち合った。ウォルトン氏はこの夏、昨季レギュラーシーズン17勝65敗だったチームの再建のため、新HCとしてレイカーズに招へいされている。

 ワールドピースはこれまで、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)、インディアナ・ペイサーズ(Indiana Pacers)、サクラメント・キングス(Sacramento Kings)、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)、そしてレイカーズと、NBAの各チームを渡り歩いてきた経歴を持つ。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)17時1分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]