ここから本文です

シャムキャッツ、自主レーベル設立後初ワンマンも満員御礼!新曲含む22曲披露

音楽ナタリー 9/22(木) 14:00配信

シャムキャッツが9月17日に東京・STAR PINE'S CAFEにて、ワンマンライブ「ワン、ツー、スリー、フォー」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

新たに設立した自主レーベル「TETRA RECORDS」の第1弾作品として、8月10日にシングル「マイガール」をリリースしたシャムキャッツ。このライブは同シングルの発売を記念して実施された。観客の拍手に迎えられステージに現れた4人は「GIRL AT THE BUS STOP」「KISS」「No.5」など5曲を立て続けにプレイ。夏目知幸(Vo, G)はMCパートで吉祥寺のオススメスポットを長々と紹介し笑いを起こしたのち、「あんまりやらない曲をやろう」と言って2011年に発表した楽曲「サンシャイン」を歌唱した。

続いて4人は、菅原慎一(G)がメインボーカルを務める「TSUBAME NOTE」「手紙の続き」をパフォーマンス。またシングル「マイガール」の3曲目に収められているアップテンポなナンバー「真冬のサーフライダー」でフロアを盛り上げたあと、11月16日に5曲入りのニューシングル「君の町にも雨はふるのかい?」をリリースすることを明かす。そして夏目は「すごく気に入ってる曲です」と話し、同シングルに収録される新曲「洗濯ものをとりこまなくちゃ」を披露した。

初期の楽曲「忘れていたのさ」が始まるとファンから喜びの声が漏れ、その後代表曲の「渚」や、「マイガール」収録の「お早よう」、ライブで人気のナンバー「PM 5:00」「MODELS」とたたみかける。夏目は「レーベルを発足して、初めてタイトルに“TETRA RECORDS presents”と付けたイベントが、こうしてチケットも売り切れてうれしいです!」と声を弾ませ、本編最後の曲「マイガール」へ。彼がアウトロでシャウトすると、観客は大熱狂した。

アンコール1曲目には「バンドで、ほとんど最初に作った曲をやります」という紹介のあと、「せーの」の掛け声に合わせて「魔法の絨毯」がスタート。そしてライブは「AFTER HOURS」でしっとりと締めくくられた。メンバーの退場後も観客の拍手は鳴り止まず、4人は「もう1曲演らせて!」と再びステージに戻ってくる。ダブルアンコールの「さよならアーモンド」で会場の熱気がピークに達すると、さらにもう1曲「アメリカ」もサービス。テンションの上がった夏目が最前列の観客からメガネを奪う一幕もあり、大歓声の中、約2時間の公演は終了した。なおシャムキャッツは11月から2017年2月まで全国10カ所を回るワンマンツアー「君の町にも雨はふるのかい?」を開催する。

TETRA RECORDS presents シャムキャッツ「マイガール」発売記念ワンマン公演「ワン、ツー、スリー、フォー」
2016年9月17日 STAR PINE'S CAFE セットリスト
01. GIRL AT THE BUS STOP
02. KISS
03. No.5
04. SUNDAY
05. WINDLESS DAY
06. サンシャイン
07. TSUBAME NOTE
08. 手紙の続き
09. LAY DOWN
10. 真冬のサーフライダー
11. 洗濯ものをとりこまなくちゃ
12. 忘れていたのさ
13. 渚
14. お早よう
15. PM 5:00
16. MODELS
17. MALUS
18. マイガール
<アンコール>
19. 魔法の絨毯
20. AFTER HOURS
<ダブルアンコール>
21. さよならアーモンド
22. アメリカ

シャムキャッツ「ワンマンツアー 2016-2017『君の町にも雨はふるのかい?』」
2016年11月26日(土)千葉県 千葉LOOK
2016年11月27日(日)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
2016年12月10日(土)新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2016年12月11日(日)石川県 vanvanV4
2016年12月17日(土)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
2016年12月18日(日)大阪府 umeda AKASO
2017年1月21日(土)福岡県 graf
2017年1月22日(日)広島県 HIROSHIMA 4.14
2017年1月28日(土)北海道 COLONY
2017年2月3日(金)東京都 LIQUIDROOM

最終更新:9/22(木) 14:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]