ここから本文です

ソフトバンク、一発に泣いた…パ最悪の被本塁打「119」

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 (パ・リーグ、ソフトバンク1-2日本ハム、24回戦、日本ハム14勝9敗1分、21日、ヤフオクD)勝利には届かなかった。1点を追う九回一死二、三塁の絶好機も高谷が空振り三振で、江川は中飛。敗戦の現実を工藤監督は受け入れた。

 「いい試合でした、本当に」

 結果的に二回の2失点が重くのしかかった。先発の千賀が一死一塁でレアードに2ランを浴び、今季8本目を献上。チームの悩みは大事な一戦でも解消されなかった。被本塁打119はリーグワースト。「あの本塁打だけが悔やまれます」と3敗目を喫した右腕の言葉が今季を象徴していた。

 「声を絶やさず、試合の重要性を分かってくれていた。あした(22日)につなげることができた」と指揮官は前を向いた。22日に連敗すれば優勝は厳しい。勝てば自軍に優勝へのマジックナンバー「8」が点灯する。雌雄を決する戦いはまだ終わっていない。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報