ここから本文です

福原愛 台湾メディアが伝える夫の献身ぶり

東スポWeb 9/22(木) 16:33配信

 リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダリストの福原愛(27=ANA)が21日、台湾のリオ五輪卓球代表・江宏傑(27)と結婚報告会見を都内のホテルで開いた。新婚生活をスタートさせる一方で、福原は4年後の東京五輪を目指す意向を表明。妻と選手の両立という難題をこなす福原にとって、江は最良のパートナーだという声が台湾メディアから上がったが、その理由とは――。

 美男美女の国際アスリートカップルは終始見つめ合い、幸せオーラ全開。お茶の間のアイドルだった「泣き虫愛ちゃん」が、きれいなお嫁さんになって人生最良の日を迎えた。

 華やかな振り袖姿で登場した福原は、入籍を報告した上で「小さいころから日本の方に応援、支えていただき、今日という日を迎えることができました。感謝しています」とあいさつ。続けて最愛の人を壇上に招き、2人揃って会見に臨んだ。

 会見には日本、台湾、中国からテレビカメラ17台、115人もの報道陣が駆けつけ、注目度の高さがうかがえた。福原の薬指には結婚指輪がキラリ。江は「私が愛ちゃんのためにデザインしたオリジナルです。世界で一つしかない、愛の象徴です」と、妻への愛情の深さを口にした。

 江の献身的な励ましが卓球界のアイドルの心をつかんだ。「私がケガをして落ち込んでいる時に連絡をもらった。どんなささいなことも相談に乗ってくれたり、いろんな言葉をかけて支えてくれた」(福原)。リオ五輪期間中も毎日連絡を取り合い、互いを支えたという。

 新婚生活は、チェコでプレーする江の練習拠点のドイツでスタートする。今後の試合出場については明言しなかったが、2020年東京五輪を目指し、競技生活に復帰する意向。「彼とも話したところ『どんな選択でも応援する』と言ってくれた」と、こちらも江の理解があっての決断だ。

 江は台湾芸能界からの誘いを断るほどのイケメン。福原を優しく見守り、献身的に支える好青年ぶりは台湾でも有名だ。

「卓球プリンスと呼ばれ、女性人気がとても高いですが、誠実で真面目。女性問題も一切聞かれず、親思いと評判です」(中央通訊社・楊明珠東京支局長)

 アスリートを支える妻としての役割と競技生活の両立は簡単ではないはずだが、江となら可能という。「台湾の男性は妻に優しいし、家事もいとわず、しっかりこなす。亭主関白ということはありません。福原さんが卓球を続ける上で、サポートをしてくれるでしょう」(同支局長)。東京五輪出場に向けて、これ以上ない最良のパートナーといえそうだ。

 幼いころから卓球に全力で向き合ってきた福原。心強い良き理解者とともに、自国開催の五輪で5度目の出場を目指す。

最終更新:9/22(木) 18:46

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]