ここから本文です

殺人、死体損壊容疑で知人逮捕 浜名湖・切断遺体

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月22日(木)16時2分配信

 浜松市北区細江町の浜名湖で北海道出身の工員男性=当時(32)=の切断遺体が見つかった事件で、細江署捜査本部は22日、殺人、死体損壊、遺棄の疑いで同市北区三ケ日町、無職の男(33)を逮捕した。

【地図】切断遺体が発見された現場



 遺体発見から2カ月半。浜名湖では同市西区西山町の無職男性=当時(63)=の殺害、遺棄された骨が見つかる事件も発生し、県警は容疑者が経緯を知っているとみて捜査している。二つの殺人、死体遺棄事件は同容疑者の逮捕で新たな局面を迎えた。

 逮捕容疑は7月5日ごろ、磐田市内に借りているアパート自室で、工員男性の腹部を刃物のようなもので刺すなどして殺害、同8日までの間にアパートかその周辺で遺体を切断し、浜名湖周辺に捨てた疑い。細江署捜査本部は容疑者の認否を明らかにしていない。

 捜査本部によると、2人は数年来の知人。工員男性は事件前まで京都市内にいて、7月上旬に浜松市内で容疑者と一緒に行動していたことが確認された。

 捜査関係者によると、容疑者が使っていた車から工員男性の血痕が見つかったという。容疑者の関係先からは工員男性のものとみられる眼鏡も発見された。

 工員男性の切断された遺体は7月8日、浜松市北区細江町の浜名湖で見つかった。県警や釣り人が右脚、左脚、頭部、両腕の付いた胴体を発見した。死因は腹部を刺されたことによる血気胸で、遺体には複数の刺し傷があった。

 無職男性の骨は8月31日、同市西区舘山寺町の湖岸で見つかり、県警は殺人、死体遺棄事件として浜松中央署に捜査本部を設置した。容疑者は無職男性のキャッシュカードで現金を引き出したなどとして窃盗罪などで起訴されている。

静岡新聞社

最終更新:9月23日(金)7時58分

@S[アットエス] by 静岡新聞