ここから本文です

台湾が南シナ海に新軍事施設か、グーグル衛星画像に「ぼかし」要求

AFP=時事 9月22日(木)17時4分配信

【AFP=時事】南シナ海(South China Sea)で台湾が実効支配する島に、軍事施設とみられる新たな構造物が建設されているのが米グーグル(Google)の衛星画像で明らかになった。台湾国防部(国防省)は22日、グーグルに対して画像を不鮮明にするよう要請していることを認めた。

【写真 11枚】台湾、南沙の太平島を海外メディア初公開

 新しい構造物が確認されたのは、南シナ海の南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島、Spratly Islands)で最大の太平島(Taiping Island)。南沙諸島はフィリピン、ベトナム、中国などがその一部または全体の領有権を主張しているが、太平島は台湾が実効支配している。

 グーグルの衛星画像では、太平島の北西部沿岸に、円形状の構造物から海に突き出たY字型の構造物4つが確認できる。

 台湾は昨年、太平島の防衛強化の一環として、太陽光発電式の灯台の建設や滑走路と防波堤の拡張などを行っていた。

 国防部の報道官は22日、衛星画像の不鮮明化を求めてグーグルと接触していることは認めたものの、問題の構造物が何かについては「機密情報だ」として回答を控えた。

 南シナ海では、中国が主張する「歴史的権利」に法的根拠はないとの裁定をオランダ・ハーグ(Hague)の仲裁裁判所が7月に下したことを受けて、軍事衝突への懸念が高まっている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月22日(木)19時26分

AFP=時事