ここから本文です

彼岸の中日 お墓参り&無病息災祈願砂灸

毎日放送 9月22日(木)12時4分配信

毎日放送

 22日は「彼岸の中日」です。京都市の大谷祖廟には朝から大勢の人が墓参りに訪れています。

 約1万基の墓が並ぶ東本願寺の大谷祖廟。彼岸の中日にあたる22日はあいにくの曇り空となりましたが、朝早くから訪れた多くの家族連れらが先祖の墓を掃除し、手を合わせていました。

 「先祖を大事にする気持ちを忘れずにいたいと思います」
 「天気がちょっと気になったんですけど、子どももやっと歩けるようになったので」(お墓参りに訪れた人)

 東本願寺によりますと、彼岸が明ける26日までに約4万人が訪れる見込みだということです。

 一方、徳島市では砂につけた足跡にお灸をすえると万病に効くと伝えられる「砂灸」が行われました。「砂灸」は、300年ほど前に農家を訪れた修行僧がもてなしのお礼にと弘法大師からの秘伝として伝えたのが始まりとされています。

 「体に不安なところもあるので治してもらおうと」(参加者)

 来ることができない人のために普段身につけている靴下で足跡をつける人もいて、思い思いに無病息災を祈っていました。

毎日放送

最終更新:9月22日(木)12時20分

毎日放送