ここから本文です

ワンアンドオンリー上々の切れ味/オールカマー

日刊スポーツ 9月22日(木)9時36分配信

<オールカマー:追い切り>

 中山メイン、オールカマー(G2、芝2200メートル、25日=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)の追い切りが21日、行われた。

 ワンアンドオンリー(牡5、橋口)は小牧騎手を背にCウッドでダノンメジャー(古馬1600万)を3馬身追走して頭差先着。6ハロン85秒4-12秒9と上々の切れ味を披露し、復調を示した。橋口師は「切れましたね。スピードに乗せやすいのでコースでやった方がいい。今回はエサを変えた効果で体つきがたくましくなった。今までで一番いいんじゃないかな」と明るい表情だった。

最終更新:9月22日(木)10時45分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]