ここから本文です

【凱旋門賞1週前追い】マカヒキ順調!友道師「ラストは13秒ぐらい」

スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分配信

 仏G1凱旋門賞(10月2日、シャンティイ、芝2400メートル)で史上初の日本馬Vを目指すマカヒキ(牡3=友道)が20日、シャンティイ調教場の芝コースで1週前追いを行った。

 帯同馬マイフリヴァ(5歳500万下)との併せ馬で15―15程度のペースで流し、ラストはしまいを伸ばした。

 現地から報告を受けた友道師は「1週前をやる予定はなかったが、あまりにも馬の元気が良かったので。ラストは13秒ぐらい出たかな、という話だった」と語った。最終追い切りは27日で、前走と同じエーグル調教場の直線芝コースで行う予定。

最終更新:9月22日(木)11時22分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ