ここから本文です

日本ハム・谷元、気迫セーブ「チームが勝ったので良かった」

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 (パ・リーグ、ソフトバンク1-2日本ハム、24回戦、日本ハム14勝9敗1分、21日、ヤフオクD)九回一死二、三塁から登板した谷元が気迫のリリーフ。高谷をフォークボールで空振り三振、江川を中飛に抑えガッツポーズを決めた。「チームが勝ったので良かった。最後は前進守備だったので(陽に)『頼む』と思っていた」と明かした。守護神・マーティンが離脱し中継ぎ陣がスクランブル態勢で挑むなか、1メートル67の小柄な右腕が値千金の2試合連続セーブを挙げた。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。