ここから本文です

【日本ハム】陽岱鋼、チームのピンチ2度救ったスーパーキャッチ

スポーツ報知 9月22日(木)6時6分配信

◆ソフトバンク1―2日本ハム(21日・福岡ヤフオクドーム)

 本能だった。陽岱鋼は痛みを忘れ走った。1点リードの9回2死二、三塁。前進守備だった。江川の中堅後方への飛球に瞬時に覚悟を決めた。「高く上がったのでまずフェンスまで全力で行こうと思った」。打球の行方を見ることなく背走した。

 後ろ向きで差し出したグラブに何とかボールを収めると、敵地の大歓声はため息に変わった。ベンチから飛び出しガッツポースした大谷は「ダイさんにしか捕れない打球。すごく大きいプレーでした」。俊足に経験、そしてセンスが詰まったプレーを絶賛した。

 8月16日のオリックス戦(札幌D)の守備でフェンスに衝突し、右脇腹を負傷。第6、第7肋骨(ろっこつ)にひびが入ったままプレーを続けていたが、9月17日のロッテ戦(札幌D)から3戦連続欠場。この日もスタメン落ちしたが、7回に代打で登場した。三振だったが、その裏の守備でいきなり魅せた。今宮の左中間への大飛球をジャンプして、フェンスに体をぶつけながら好捕。ゴールデングラブ3度受賞の守備力で、大きな2つのアウトを奪い取った。

 ベテランの助言で、平常心を保てた。途中出場の心構えを、代打の切り札・矢野を質問攻めにして学んだ。「何回から準備すればいいのかとか、本当に助かりました」と36歳に感謝する。患部の痛みはまだ残るが「ここまで来たらやるしかない。優勝しか狙っていないんで。皆思いはひとつ」。たとえ打てなくても、陽には誰にもまねできない守備がある。(岸 慎也)

最終更新:9月22日(木)15時42分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]