ここから本文です

オリ小松引退 08年15勝新人王も…13年以降白星なし

スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分配信

 オリックスは21日、小松聖投手(34)が今季限りでの現役を引退すると発表した。22日に引退会見を開く。

 06年ドラフトの希望枠でJR九州から入団。08年には15勝3敗、防御率2・51で新人王に輝き、チームの2位躍進にも貢献した。09年にはWBC日本代表にも選出され、連覇に貢献。お立ち台ではものまねタレント・山本高広の「キターッ!」を叫ぶなど明るい性格でファンからも愛された。

 初の開幕投手を務めた09年以降は調子を崩し、3勝を挙げた12年を最後に白星を挙げられなかった。今季も2度目の出場選手登録抹消となった6月18日以降は1軍昇格がなく、3試合で0勝1敗、防御率8・10。自ら引き際と判断したようだ。通算成績は158試合に登板し、25勝26敗1セーブ、防御率4・36。

 ◆小松 聖(こまつ・さとし)1981年(昭56)10月29日生まれ、福島県出身の34歳。勿来工、国士舘大、JR九州を経て、06年の大学生・社会人ドラフト希望枠でオリックス入団。2年目の08年に15勝で新人王獲得。09年には日本代表でWBC出場のほか、開幕投手も務めた。通算成績は158試合で25勝26敗1セーブ、防御率4・36。1メートル80、80キロ。右投げ右打ち。

最終更新:9月22日(木)12時50分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]