ここから本文です

西武3年連続Bクラス確定 投手強化へ外国人調査

スポニチアネックス 9月22日(木)7時1分配信

 ◇パ・リーグ 西武2―5オリックス(2016年9月21日 京セラD)

 西武は同点の8回に牧田が勝ち越しを許し、137試合目でCS進出の可能性が消滅。76~81年以来の3年連続Bクラスという結果に、田辺監督は「交流戦の途中からリズムが狂い始めた。8、9月はいい戦いができていたし、選手はよくやってくれた」と話した。成績不振の責任をとって今季限りで辞任する意思を固めており、シーズン終了後に球団へ正式に申し入れる。

 球団は後任監督の人選を進めており「投手を含めた守りの部分がBクラスになった理由。投手陣の整備が必要」と鈴木葉留彦球団本部長。複数の外国人投手の獲得に向けた調査もすでに進めている。今季途中から加入して3勝を挙げているウルフ、複数年契約を結んでいる郭俊麟(カクシュンリン)は残留となる見込み。バスケス、C・C・リー、ポーリーノは今季限りで退団するとみられる。

最終更新:9月22日(木)17時14分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)