ここから本文です

東尾理子 “開店休業夫”石田純一を猛口撃「私が働かなきゃ」

東スポWeb 9/22(木) 17:32配信

 俳優の石田純一(62)とプロゴルファーの東尾理子(40)夫妻が22日、都内で行われた「アンチエイジングフェア in 台場」のオープニングセレモニーに出席。夫婦でトークショーを行った。

 7月に行われた東京都知事選への出馬を石田が断念して以降、初めてツーショットを披露した2人。当時、石田は会見で前代未聞の“出馬に意欲宣言”をしてから、わずか3日後に出馬を断念する衝撃の“翻意会見”を開いて騒動になった。その結果、石田は数々の仕事を失うツケを支払うハメに…。さらには夫婦の不仲説まで飛び出し、石田にとっては踏んだり蹴ったりの騒動になってしまった。

 石田の出馬に強く反対していたという東尾はこの日、夫へ容赦ない毒舌を浴びせかけた。久々のツーショットについて聞かれた石田が「前はよく一緒に出てたんですけど」と話すと、東尾はかぶせ気味に「主人が休職中みたいになってから、私が働かなきゃいけない」と、開店休業状態の石田の胸にグサリと突き刺さる先制“口撃”。

 さらに石田が恐怖や疑念が老いにつながるとうんちくを語ると、東尾は「ごめんなさい。ちょっと寝てました。私に話しても寝られるとわかっているから、こういうところで話したのかな」と、何ともつれない反応だ。

 その後も東尾は「怪しいことがあるからありがとう、やましいことがあるからごめんなさい」と石田を攻め立て、極めつきは石田が「アンチエイジングはやる気、元気、根気。気はエネルギーです」と話した直後に、横から突然「浮気!」とカウンター“口撃”だ。

 これには司会を務めたフジテレビの梅津弥英子アナウンサー(38)も「いつも、ご夫婦でそんなこと言われてるんですか?」と、あっけにとられるしかなかった。

最終更新:9/22(木) 17:36

東スポWeb