ここから本文です

10月末までに最終報告=ロシアのドーピング問題―WADA

時事通信 9月22日(木)13時12分配信

 世界反ドーピング機関(WADA)は21日、スイスのローザンヌで常任理事会を開き、ロシアの組織的ドーピング違反に関する調査の最終報告を10月末までに行うことが報告された。7月に公表された調査結果では、2014年ソチ冬季五輪などでロシアが国ぐるみで不正を働いたと認定され、100人以上のロシア選手が先のリオデジャネイロ五輪から除外された。

 また、理事会は17年の禁止薬物リストを承認した。 

最終更新:9月22日(木)13時15分

時事通信