ここから本文です

浜名湖で切断遺体 33歳男を殺人容疑などで逮捕

朝日新聞デジタル 9月22日(木)15時2分配信

 浜松市北区の浜名湖岸で7月、北海道美唄市出身で京都府の工員、出町優人さん(32)の切断された遺体が見つかった事件で、静岡県警は22日、浜松市北区三ケ日町大谷、無職川崎竜弥容疑者(33)を殺人と死体損壊、死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。浜名湖では8月末にも別の男性の骨が見つかり、県警が殺人、死体遺棄事件として捜査しており、二つの事件の関連についても調べている。

【写真】骨や切断遺体が見つかった場所の地図

 県警は川崎容疑者の認否を明らかにしていない。

 県警によると、川崎容疑者は7月5日ごろ、同県磐田市内に借りていたアパートで出町さんの腹部を刃物で刺すなどして殺害し、さらに遺体を切断して遺棄した疑いがある。

 出町さんの遺体は頭と、両手のついた胴体、両足の四つに切断され、同月8日朝から浜名湖岸などで相次いで見つかった。

 捜査関係者によると、川崎容疑者と出町さんは数年来の知り合いだったという。県警は7月初めごろ、浜松や磐田市内で2人が一緒にいたことを防犯カメラの映像などで確認。出町さんのめがねなど複数の遺留品も川崎容疑者の関係先から押収されたという。

 出町さんは数年前まで大阪市内でアルバイトをしていたが、亡くなる直前は、京都府で電気製品を製造する仕事に従事していたという。県警はメールのやり取りなどから、川崎容疑者が出町さんを呼び出したとみている。

 川崎容疑者は7月、浜松市西区の無職須藤敦司さん(63)の預金口座から不正に金を引き出すなどしたとして、窃盗と電子計算機使用詐欺の疑いで県警に逮捕されていた。

 須藤さんは今年1月ごろから行方不明になり、8月末、浜名湖の別の湖岸で須藤さんの骨の一部が発見され、県警は殺人事件と断定した。捜査関係者によると、川崎容疑者と須藤さんはトラック運転手などとして働いていた会社の元同僚。須藤さんのマンションの所有権が2月に川崎容疑者に移転され、川崎容疑者がこのマンションに出入りしていたことも確認されているという。

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)22時58分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。