ここから本文です

酒井法子、16年ぶりのコンサート開催に「マンモスうれピーでした!」

BARKS 9/22(木) 23:12配信

デビュー30周年を迎えた酒井法子が、その記念コンサートを9月22日(木)にディファ有明で実施した。

◆酒井法子ライブ画像

全23曲の演目の中では、前日に発売されたばかりのベスト・アルバム『The Best Exhibition 酒井法子30thアニバーサリーベストアルバム』に収録された代表曲30曲を、メドレーもまじえてすべて披露した。デビュー曲「男のコになりたい」から「夢冒険」「碧いうさぎ」まで、酒井法子オフィシャルファンサイト(http://norikosakai.official-fan.com)で募ったファンによるリクエストアンケート方式による30曲なだけあり、この大盤振る舞いに対して、集まったファン1300人は大満足の様子だったという。

「みなさん、(かみしめるような長い間があって)こんばんは!いよいよ始まりました。今日という日が来てしまいました!30周年、アニバーサリー記念コンサートにお越し頂き誠にありがとうございます!緊張しますね。16年ぶり、一夜限り、今宵限りのコンサートだ~!」という冒頭のMCに、満員となった会場からも大きな歓声があがった。

<Differ=これまでとは違う>という会場名にならい、「今までとは違った新たなステージを切り開きたいなと思って、今日は一生懸命やりたいと思っています。」との宣言通り、最新ベスト盤に収録された30曲をすべて披露するというファンへの感謝を込めた企画内容を伝え、「今日はお祭りなので、みなさん踊らされちゃって下さい!取るか取られるかなら、取って帰って下さい!よろぴくぴく~!」と、のりピー語をまじえて大いに会場を盛り上げたようだ。

終演後の取材では、16年ぶりのコンサートが出来たことへの感謝や根強い人気を誇るアジア・中国圏のファンに向けた感謝の言葉を述べ、愛息からは本番直前に激励のメールをもらった事も披露。昔同様の短いスカートを履きこなす秘訣を訊ねられると、「足だけでなく喉も含めて、筋肉は鍛えることで成長するんです。」と日頃のトレーニングぶりも明かし、4年目となる年末のディナーショーを含めた今後の活動については、「ひとつひとつ頂いたお仕事を大切にしていきたい」と抱負を述べたという。

最後に「来て下さった方も来られなかった方も、これからも暖かく見守って頂けたらと思います。」とコメント。「のりピー、マンモスうれピーでした!」と、サービスいっぱいのコメントで会見を締めくくったとのことだ。

撮影=菊池さとる

『The Best Exhibition 酒井法子30thアニバーサリーベストアルバム』
2016年9月21日発売
VICL-64635~64636(CD2枚組) ¥3,241+税

[収録曲]
■Disc-1
01.男のコになりたい
02.渚のファンタシィ
03.ノ・レ・な・いTeen-age
04.夢冒険
05.GUANBARE
06.DON’T STOP GENKI
07.一億のスマイル-PLEASE YOUR SMILE-
08.のりピー音頭
09.アクティブ・ハート
10.HAPPY AGAIN
11.Love Letter
12.さよならを過ぎて
13.ALL RIGHT
14.ダイヤモンド☆ブルー
15.ホワイト・ガール
16.夢冒険(中国語バージョン)※Bonus Track

■Disc-2
01.微笑みを見つけた
02.イヴの卵
03.あなたに天使が見える時
04.渚のピテカントロプス
05.あなたが満ちてゆく
06.誘われて…
07.碧いうさぎ
08.Here I am~泣きたい時は泣けばいい~
09.鏡のドレス
10.涙色
11.横顔
12.PURE
13.世界中の誰よりきっと
14.涙ひとつぶ
15.Truth~飛べない鳥よ~
16.碧いうさぎ(中国語バージョン)※Bonus Track

最終更新:9/22(木) 23:12

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]