ここから本文です

メキシコの海底に広がる「海底美術館」が神秘的 訪れるたびに姿を変える「進化するアート」が作られた目的とは?

ねとらぼ 9月22日(木)20時31分配信

 ビーチリゾート地として知られるメキシコ・カンクンには、500体以上の彫刻が海底に並ぶ「海底美術館」があります。一見すると海底遺跡のように思えますが、これらの彫刻は全てサンゴ礁保護のために設置されたもの。ダイビングやシュノーケル、また船底がガラスになった船などから見ることができ、ツアーで訪れる人々を驚かせています。

【サンゴと一体になったまさに「自然のアート」】

 「MUSA(Museo Subacuatico de Arte)」と名付けられたこの海底美術館は、近年危惧されるサンゴ礁破壊の対策としてカンクン国立海洋公園が作ったもの。天然のサンゴ礁を保護するための人工漁礁をいっそアートで作ろうというユニークな試みで、イギリス人彫刻家でありダイビングの愛好家、ジェイソン・デカイレス・テイラー氏が手掛けました。

 訪れる観光客が観察できるよう、彫刻が設置されているのはいずれも浅瀬。サンゴ礁の成長を見守りながら楽しめる一方で、人々が自然について考える機会としても一役買っています。

 人工漁礁でもあるジェイソン氏の彫刻は、海中の生物が育ちやすい素材で作られており、サンゴや海の生物が豊かに育つと、彫像自身はまるで朽ちていっているように見えるのがシュール。自然とアートが融合し、美しくも不気味な独特の雰囲気を放っています。

 テーマは「The Silent Evolution」。まさに刻一刻と「音もなく進化し続ける」海のアートは、たとえ再び訪れることがあっても、以前と同じ景色を目にすることはできません。

最終更新:9月22日(木)20時31分

ねとらぼ