ここから本文です

中村勘九郎、大島優子に「眼中にないですから」と開き直る

Movie Walker 9月22日(木)13時36分配信

堤幸彦監督が舞台と映画のダブルプロジェクトで放つ映画『真田十勇士』の初日舞台挨拶が、9月22日に丸の内ピカデリー1で開催。中村勘九郎ら豪華キャスト14名と堤監督が舞台挨拶に登壇した。主人公・猿飛佐助役の中村は「真冬の撮影で、スタッフもキャストも厳しく過酷な状況でやってたんですが、それが花咲いた日々になりました」と誇らしげな笑顔を見せた。

【写真を見る】大島優子、ミニワンピースの愛らしい全身ショット

本日登壇したキャストは、中村をはじめ、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也、大竹しのぶの14名。大竹と大島は、共演者のなかでいちばん気になったキャラクターは誰か?と質問される。大竹は一番若い望月歩を選び「成長著しい」と笑顔でコメント。大島は戸惑い「監督、誰がいいんですか?」と堤監督にヘルプを求める。

堤監督は「合コンじゃないんだから」と笑いながらアドバイスを与えたようで、大島は「ああ、確かに」と納得すると、大竹の下へ。大島は大竹と共演できたことに「すごいうれしかったんです」と喜んだ後「目の前で寝ている時間がけっこうあって。大竹さんの寝顔をずっと観察してる時間が楽しかったです」と言うと、大竹は「そんなほめ方あるんだ。すごいうれしいです」と笑った。

松坂は「我々はドキドキしっぱなしでした」と言うと、劇中で大島演じる蛍に見向きもされない役柄の中村は「観ていてわかるとおり、佐助は眼中にないですから」と苦笑い。大島も「そうですね」と言って笑いを取った。

『真田十勇士』は、天下の名将と名高い真田幸村が、実は腰抜けの武将であったという大胆な発想による時代劇。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大博打に打って出る。堤監督は「キャスト、スタッフが持てる力を総動員して作った映画です」と力強くアピールした。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9月22日(木)13時36分

Movie Walker