ここから本文です

日大・京田、延長十二回サヨナラV打!「来たボールを打とうと」/東都

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 東都大学野球秋季リーグ第3週第1日(21日、神宮)1回戦2試合が行われ、日大は亜大に延長戦の末に3-2でサヨナラ勝ちし、東洋大は国学院大を3-2で破って先勝した。日大はドラフト上位候補の京田陽太内野手(4年)が同点で迎えた延長十二回二死一、三塁で右中間へ適時打を放った。

 延長十二回二死一、三塁で京田が右中間にサヨナラ打を放ち、試合を決めた。「延長になって開き直って、来たボールを打とうと思っていたら、真っすぐが真ん中に来た」と得意げな表情。国内外8球団のスカウトが視察しオリックス・内匠スカウトは「上(プロ)で打率.250でも十分だと思っていたから、こういう打撃は楽しみ」と力強い打球にうなずいた。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報