ここから本文です

“雨男”DeNA三浦 最終登板29日ヤクルト戦に変更

東スポWeb 9月22日(木)18時31分配信

“ハマの番長”も雨には勝てず――。今季限りで引退するDeNA三浦大輔投手(42)の最終登板が24日の巨人戦(横浜)から29日のヤクルト戦(横浜)に変更となった。22日のヤクルト戦(横浜)が降雨順延で29日となり、本拠地最終戦で先発予定だった三浦もそれに合わせた。

 この日から売り出された29日の“プラチナチケット”を求め、午後3時までにファン約3000人が横浜スタジアムの周りに列をなした。そんなファンのために、三浦は場内放送で「雨男・三浦大輔のせいで本拠地最終戦が29日に順延になってしまい、ご迷惑をおかけします。ラスト登板、精一杯頑張ります」と感謝のスピーチ。まさかのサプライズに雨の中、並んでいたファンから大歓声が上がった。

 球団にとって救いは、24日のチケットがもともと完売に近かったこと。「24日の相手が巨人で良かった。土曜日で本拠地最終戦ということもあって、三浦さんの引退発表前からかなり売れていた。三浦さんの登板予定が変わっても、そこまで不満は出ていない」と球団関係者も胸をなでおろしていた。

最終更新:9月22日(木)19時5分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報