ここから本文です

無一文になったら「ヒモ」オリラジ藤森の回答に山田孝之&綾野剛「……」

お笑いナタリー 9月22日(木)17時21分配信

本日9月22日、映画「闇金ウシジマくん Part3」の初日舞台挨拶が東京・お台場シネマメディアージュにて開催され、主演の山田孝之をはじめ、オリエンタルラジオ藤森らキャストが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

まずは「もしも無一文になったらどうやって生き延びるか?」というお題への回答を1人ずつ見ていくことに。劇中でキャバクラ嬢に入れあげる二股不倫男・加茂役を演じた藤森は「ヒモ」と書いたフリップを出し、客席の反応を見て「ややウケですね」と苦笑い。「友達に助けてもらおうかと」と回答について説明すると、やべきょうすけに「友達いるんですか?」といたずらっぽく聞かれ、「いますよ、チャラ男ですから!」と返すも不発に終わる。

この藤森のターンで会場が微妙な空気に包まれてしまい、山田と綾野剛が何とも言えない表情でただ藤森を見つめた。すると「スベった人をそんな目で見ないで!」「剛さん、なんつう顔で見てるんですか!」と慌てる藤森。「はい、もうそんな感じです」と終わらせようとするも「もうちょっと続けて。笑いが起こるまで」(山田)と弄ばれ続ける姿にようやく笑いが。最後に発言する場面では、「安心して楽しんでいただきたい! めちゃめちゃ面白いんで! この映画こそがパーフェクトムービーです!」とまとめた。

なおシリーズ完結編「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は10月22日に公開される。

(c)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS (c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

最終更新:9月22日(木)17時21分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。