ここから本文です

ハリウッド版「攻殻機動隊」10秒×5つの映像公開、ビートたけしが荒巻ヘアに

映画ナタリー 9/22(木) 18:11配信

スカーレット・ヨハンソンが主演を務める「攻殻機動隊」の実写版「Ghost in the Shell(原題)」の映像が、パラマウント・ピクチャーズの公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、士郎正宗のマンガをもとにするSFアクション。近未来を舞台に、内務省公安9課とサイバーテロリストの戦いを描く。原作では草薙素子の名である全身義体の主人公“The Major(少佐)”役をヨハンソンが務め、「スノーホワイト」のルパート・サンダースがメガホンを取った。

今回公開されたのは、約10秒の短い映像5本。ヨハンソン演じる主人公が自らの体からケーブルを外す場面や、ビートたけしが原作に近い髪型で公安9課課長の荒巻大輔に扮する姿などを確認できる。

なお本作では、主人公の同僚バトーをピルウ・アスベック、悪役の“笑い男”をマイケル・ピットが演じるほか、桃井かおり、ジュリエット・ビノシュも参加している。2017年3月31日に全米でロードショー予定。

最終更新:9/22(木) 18:11

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革