ここから本文です

福原愛、当面妻専念も「軸固め卓球に戻りたい」

日刊スポーツ 9月22日(木)10時12分配信

 卓球女子でリオデジャネイロ五輪団体銅メダルの福原愛(27=ANA)が21日、都内で会見し、今月1日に結婚したリオ五輪台湾代表の江宏傑(こう・こうけつ=27)と2人並んで、結婚を報告した。着物姿で登壇し、指輪やプロポーズの言葉を披露。現役続行を明言したが、当面は「夫婦の軸」を築くため同居して奥様業に専念する。20年東京五輪も目標に掲げ、競技への復帰時期を考える意向を示した。今日22日には台湾でも会見を行う。

【写真】福原愛が江宏傑と並び結婚会見 指輪披露/写真特集

 福原は、最高の笑顔で、支え合ってきた江と見つめ合った。卓球人生24年。妻となって約20日。覚悟も決めていた。「新しい家族の軸を作ってから次のステージに進みたい。卓球の軸はしっかりできている。ただ、家庭、夫婦の軸はできていない。軸の地盤を固めてから卓球の軸に戻りたい」。今年から江がチェコリーグに所属しており、練習拠点はドイツ。新居のある台湾、日本を含めた4カ国が生活、練習の拠点となる。

 東京五輪に奥様選手として挑む使命感にも燃えている。1度は結婚後の現役引退も考えた。ロンドン五輪後、ケガに悩まされた時期も長かった。14年末に福原のSNSを通じて江から激励の言葉が届いたことが交際のきっかけ。「結婚=引退」の概念を変えてくれたのも江だった。「小さいころから女性アスリートは、家庭に入ることで夢を諦めなくてはいけないのかなと。彼の言葉や行動を近くで感じ、支えてくれる人がいれば頑張れるかなと思えた」と感謝。「後輩のためにも新しい道を切り開くことができたらいい。国際舞台で日本代表として試合に出られることは誇り」。妻、もしくはママになっても夢を継続する。

 活力はリオ五輪後のサプライズだった。台湾でいきなりのプロポーズ。江が用意した新居で「この家の主人になってほしい」と鍵を手渡された。「ビックリしました。頭が真っ白であまり覚えていません」。大きなプレゼントはもう1つ。江が「愛ちゃんのためにデザインした世界で1つだけの愛のシンボル」と表現した結婚指輪。卓球のボールやラリーをイメージしたお気に入りで、この日も左手薬指でキラリと輝いた。

 報道陣から求められ「私の好きなところは?」と頬を赤らめて夫に問う。「いつも私に感動をもらっているところと、一緒にいるととても温かい気持ちになれることだそうです。褒めていただいてうれしいです」。愛のラリーを続けた後は「ありがとうございました」と頭を下げ、恥ずかしそうに手をつないだ。【鎌田直秀】

 ◆江宏傑(こう・こうけつ)1989年2月22日生まれ、台湾・新竹市出身。中国文化大卒、合作銀行卓球隊所属。台湾代表で14年世界選手権銅メダル。リオデジャネイロ五輪は団体戦に出場し、1回戦でドイツに1-3で敗れた。世界ランクは現在79位、最高は47位。180センチ、70キロ。

最終更新:9月22日(木)11時22分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]