ここから本文です

“怪物BK”河瀬、成長誓う「五輪絶対出たい」/7人制

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 ラグビー・男子7人制ユースアカデミー(21日、熊谷ラグビー場)高校1、2年生の12人が参加した3日間の合宿は、台風16号の影響で荒天続きだったが、「(男子が4位の)リオ五輪は興奮した。東京五輪に絶対に出たいと思います」と目を輝かせていたのが河瀬諒介(東海大仰星高2年)だった。

 「ユースアカデミー」は、若年世代から世界と戦える可能性を秘めたタレントを発掘・強化するプログラム。大阪・勝山中3年から参加する河瀬は「この中では年上の部類。下の世代を引っ張っていきます」とリーダーとしての自覚も十分だ。

 父は大工大高(現常翔学園高)-明大-東芝府中(現東芝)で怪物FWと呼ばれ、LO、FLなどで日本代表キャップ10を持つ泰治さん(56)=摂南大監督。諒介も父親譲りの1メートル82、79キロの恵まれたサイズで50メートルを6秒0で走る“怪物BK”。「スペースで勝負する能力を磨いていきたい」と成長を誓った。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ