ここから本文です

愛、リオ五輪後に江から鍵もらった「家族の軸固めてから卓球に戻りたい」

サンケイスポーツ 9月22日(木)7時0分配信

 愛ちゃん、デレデレ報告会!! リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛(27)=ANA=が21日、東京都内で会見を開き、リオ五輪台湾代表の江宏傑(27)との結婚を報告した。リオ五輪後にプロポーズされ、9月1日に東京都内で婚姻届を提出。台湾側でも届け出たという。妊娠はしていないもようで、現役は続ける予定。当面はチェコでプレーする江と行動をともにし、ラブラブ生活を満喫する。22日には台湾でも会見を開く。

 幸せオーラを振りまいた。テレビカメラ17台が取り囲み、100人を超える国内外の報道陣が見守る中、福原は白を基調とした着物姿で登場。台湾から駆けつけた江と並んで座ると、照れながら左手薬指に光る卓球をモチーフにしたという結婚指輪を披露した。

 「どんなささいなことでも相談に乗ってくれるし、どんな私でも変わらず応援してくれる」

 日本中に感動を呼んだリオ五輪後、イケメンの江から台南市に購入したとされる新居の鍵を渡され、「この家の主人になっていただきたい」という粋なプロポーズをされた。中国語が堪能な福原は感激のあまり「頭が真っ白であまり覚えていない」。生涯忘れられない夏の思い出となった。

 江は現在、チェコの実業団チームに所属し、欧州リーグでプレーしているが、練習拠点はドイツにある。「一緒にいると温かい気持ちになれる」と福原にゾッコンの江のためにも今後は台湾、日本を含め、夫と世界各地を転々とする生活となりそうだ。世界ツアーや来年1月の全日本選手権、同5~6月の世界選手権(ドイツ)の出場には、「家族という軸をしっかり固めてから卓球の軸に戻りたい」と江との新婚生活を優先させる考えだ。

 4年後には東京五輪を迎える。世界ランキングが出場の可否に直結するだけに、新妻生活に没頭できる時間も限られる。現時点で競技復帰の見通しは立たないが、現役続行にはこだわりをみせた。「『福原さんは結婚しても卓球をしている』というような、新しい道を後輩のためにも切り開いていくことができれば」。日本卓球界のパイオニアとなるべく、再び日の丸を背負う可能性は高い。

 「家族とも相談しながら、皆さんの支えがある中で頑張っていくことができたら」

 3歳で卓球を始めてから25年。生涯の伴侶を得て大人になった愛ちゃんが、新たな気持ちで卓球愛を貫く。

最終更新:9月22日(木)7時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]