ここから本文です

銚子港に男性の胴体=千葉県警

時事通信 9月22日(木)15時26分配信

 22日午前8時5分ごろ、千葉県銚子市新生町の銚子漁港で、「人の胴体がある」と110番があった。

 県警銚子署員が駆け付けたところ、岸壁と停泊中の漁船の間に、男性の胴体部分が浮いていた。同署は司法解剖して死因を調べるとともに、身元の確認を急ぐ。

 同署によると、遺体は着衣がなく、うつぶせに浮いていた。身元を示すような物や目立った外傷もなかった。頭部や手足は見つかっていない。トラック運転手の男性(58)が発見し、通報した。 

最終更新:9月22日(木)15時54分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。