ここから本文です

報徳学園・西垣、2試合連続で右膝に打球受けるもマウンド譲らず

デイリースポーツ 9月22日(木)15時25分配信

 「秋季高校野球兵庫大会・3回戦、報徳学園-東播磨」(22日、明石トーカロ球場)

 来年のドラフト候補に名前が挙がる報徳学園・西垣雅矢投手(2年)が、2試合連続で右膝に打球を受けるハプニングがあった。試合は三回表の攻撃終了後、雨脚が強まりノーゲームに。それでも右腕は「投げたかったです」と唇をかんだ。

 初回、2死一、三塁から相手打者が放った痛烈なピッチャー返しが西垣の右膝を直撃した。ボールは一塁側ファウルグラウンドに転がり、本人は激痛で表情をゆがめ、ベースカバーに向かえないほどの衝撃だった。

 これが投手強襲内野安打となり先制点を献上。すぐさま相手チームの一塁ベースコーチと自軍の選手がコールドスプレーを持って駆け寄ったが、西垣は手で制した。審判員も心配そうに近寄ったが、かたくなにマウンドを譲らなかった。

 試合後にはアイシング治療を施しながらも「大丈夫です」と気丈に振る舞った右腕。19日に行われた津名戦の初回にも右膝に打球を受けた。「2試合連続で打球が当たったのは初めてです」と苦笑いを浮かべ、24日に仕切り直しとなるゲームへ向け「直球はいい感じで投げられていた。一戦、一戦、先を見ずに投げたい」と語った。

最終更新:9月22日(木)15時38分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]