ここから本文です

「真田十勇士」中村勘九郎、松坂桃李、大島優子らが真田軍引き連れて闊歩

映画ナタリー 9/22(木) 22:01配信

本日9月22日、映画「真田十勇士」の初日舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーにて開催され、主演の中村勘九郎ら15名が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2014年の舞台を映画化した本作は、武将・真田幸村に仕えたとされる家臣・真田十勇士の活躍を描くスペクタクル時代劇。

舞台挨拶の前に、真田軍を引き連れたキャストの中村、松坂桃李、大島優子、加藤雅也、大竹しのぶが有楽町の街に現れ、道行く人たちから声援を受ける。続いて永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、石垣佑磨、監督の堤幸彦も合流し、劇場のステージに上がった。

中村は「今日こうして大勢の方々が観に来てくださったことが本当にうれしいです。キャストとスタッフともども過酷な状況で撮影をしていたので、それがやっと花咲いた日になりましたね」と感慨深げに語る。そして松坂も、映画について「ロマンが詰まっていて、新しい歴史の1ページを作った作品だなと思っています」と話す。

男たちの戦いだけではなく、切ない恋模様も描かれている本作。そこで女性キャストの大島と大竹へ、魅力的な男性キャストは誰かという質問が。大竹は真田大助役である望月の名を即答し、「撮影のときはもっと小さかったのに、いつの間にこんなに大きくなって……」と15歳の彼に歩み寄る。大竹に「将来どんな役者さんになりますか?」と突如質問された望月は、驚きつつも「がんばります!」とコメントし、会場から温かい笑いが起こった。

一方の大島は「どうしたらいいの?」と困惑気味。そこで一列に並んだ男性キャストの中から、大島が意中の人にだけ触れて気持ちを示すことになる。大島は堤に相談しながら、身構える男性陣を横目に大竹をハグ。「ご一緒できてすごくうれしかったんです。大竹さんが目の前で寝ているところを観察する時間が楽しかったです(笑)」と言われた大竹は、「そんな褒め方あるんだ!」とツッコミを入れた。

最後に堤が「舞台から始まってここまで来れたことを本当に幸せに思います。同時に舞台も再演していて、舞台と映画それぞれご覧になっても楽しめると自負しています」と観客へ訴えかけた。

映画「真田十勇士」は全国ロードショー中。なお舞台版の東京公演は10月3日までで、その後は10月8日から10日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場、10月14日から23日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センターへと巡演する。



(c)2016『真田十勇士』製作委員会

最終更新:9/22(木) 22:01

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革