ここから本文です

岡崎2発でMOM!ラニエリ監督にレギュラー奪回アピール

スポニチアネックス 9月22日(木)7時2分配信

 ◇イングランドリーグ杯3回戦 レスター2―4チェルシー(2016年9月20日)

 レスターの日本代表FW岡崎慎司(30)が20日、イングランドリーグ杯3回戦チェルシー戦で公式戦3試合ぶりの先発を果たし、今季公式戦初得点を含む2ゴールを決めた。レスターでは今年3月以来約半年ぶりの得点で、1試合2発は初めて。試合は延長戦の末に2―4で敗れたものの、自身はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、先発入りへ強烈なアピールに成功した。

 代名詞の泥くささを前面に出した。まずは前半17分。DFのクリアミスに右ポスト際で反応した岡崎は、ヘディングで1点目。同34分には縦パスをDFダビド・ルイスと競り合いながら右足で蹴り込む。「長い間ゴールを取ってなかったんで。自分にとっては大事なゴール」。2発ともDFにかき出されてネットは揺れなかったが執念でゴールラインの奥に押し込んだ。

 公式戦の先発は3試合ぶりだった。今季からスリマニとムサが加わり先発争いが激化し、14日の欧州CL1次リーグ、クラブ・ブリュージュ(ベルギー)戦ではベンチ外に甘んじた。「切り替えるのにいつもより熱くなってしまった」一方で、「出られるか出られないかということを意識しすぎたら、逆に駄目になる」とも思った。何かを変えることはせずリーグ優勝した昨季の自分のスタイルを貫くことを決意した。

 この日は2トップをムサと組んだ。「間に入って厳しいボールでも受けて、はたいて、すぐ前に出て」という持ち味を生かし、前半から縦パスを受けてリズムをつくる。守備でも貢献。後半30分に退く際には会場からスタンディングオベーションで称賛された。MOMに輝き、地元紙のレスター・マーキュリーの採点では、10段階中「8」の高評価も受けた。

 24日にはプレミアリーグのマンチェスターU戦、27日には欧州CL1次リーグのポルト戦を迎える。「ラッキーボーイじゃないけど(ラニエリ監督から)“今、当たっているな”と思ってもらえるだけでも全然違うかな。スリマニやバーディーが合わない時に“自分がいる”というのをずっと出していければ」。ネットは揺れなくても、起用に迷う指揮官の心は揺り動かしたに違いない。

最終更新:9月22日(木)7時2分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]