ここから本文です

【オールカマー】クリールカイザー 得意の中山で大物食い再び!

東スポWeb 9/22(木) 21:44配信

【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)美浦発トレセン秘話】「聞くところでは、2200メートル以上の距離の中山重賞はオレが一番勝っているらしいんだよ。今度も何とかならないかなぁ」

 GIIセントライト記念にプロディガルサン(3着)を送り出した国枝栄調教師が“プチ自慢”を披露したのは、先週水曜(14日)のコメント会でのこと。そこで調べてみると、GI有馬記念(2007年)を含む通算9勝は確かに現役最多(2位は7勝の藤沢和雄調教師)。一瞬、勝利の方程式を確立しているのかと思ったが、何のことはない。9勝のうち6勝はマツリダゴッホ、2勝はマイネルキッツで挙げたもの。トレーナーではなく馬が中山巧者だったというオチだ。

 とはいえGIIオールカマーを3連覇(07~09年)したマツリダゴッホが示す通り、中山の外回りコースがある種の特異性を秘めた舞台なのは確かだ。他にも、13年オールカマーを9番人気で制し、翌年のAJCCも勝利したヴェルデグリーンなど、同舞台重賞リピーターは確実に存在する。

 となれば、である。GI馬の始動が最大の注目を集める今週のオールカマーも、穴を出せば中山巧者かもしれない。ゴールドアクター、マリアライトのG�馬2頭もむろん中山を得意とするクチであるが、何といっても目標ははるか先のGI有馬記念。少なくともここで本気を出す必要性は皆無である。

「ウチはここが目標だからね。うん、全力で狙っていくつもりだよ」

 面白いのは相沢郁調教師がこう告げるクリールカイザー。

 通算6勝中5勝は中山。何より印象深いのは、断然人気(単オッズ1・3倍)のゴールドシップ(7着)を翻弄した昨年のAJCCだろう。

「あの時も勝ちに行く競馬をしてくれと田辺に言ったけど、自在な立ち回りが生きる中山2200メートルはこの馬にピッタリ。脚部不安で1年のブランクがあったが、ハイペースの七夕賞も一瞬抜けそうな場面があり、ようやく馬も実戦勘を取り戻してきた感じ。ゴールドシップを負かしたように、大物食いは得意だよ(笑い)」

 追い切りの気配次第で、重い印にも十分こたえられそうだ。

最終更新:9/22(木) 21:44

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]