ここから本文です

巨人が逆転サヨナラ勝ち 九回2死からギャレットが2ラン

デイリースポーツ 9月22日(木)16時24分配信

 「巨人4-3中日」(22日、東京ドーム)

 巨人がサヨナラ勝ちした。2-3で迎えた九回、2死走者なしから、村田が左前打で出塁すると、続くギャレットが左中間席へ22号2ランを放ち、試合を決めた。2位のチームは、試合のなかった3位・DeNAとのゲーム差を3・5に広げた。

 ギャレットは初回、左前2点適時打を放ち、先制点をたたき出した。チームは二回以降、3度の併殺など拙攻が続いて得点できなかったが、土壇場で試合を引っ繰り返した。2戦で計8打点と勝負強さを発揮しているギャレットは、お立ち台で「チームは何とか2位を死守するという目標があるので、貢献できてうれしい。今は大振りしないで、リラックスして打席に立つようにしている」と話した。

 高橋監督は「後がないというところで、素晴らしいバッティングをしてくれた」とたたえた。一方で「ゲーム展開としてはもう少し理想の展開もあったんじゃないかと思います」と、重い展開を振り返った。

 先発の菅野は2-0の五回、阿部に左前2点適時打を浴びて追いつかれると、六回には荒木の中前適時打で勝ち越された。8回7安打3失点で降板し、入団以来4年連続2桁勝利は持ち越しとなった。

最終更新:9月22日(木)16時42分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報