ここから本文です

事業環境の改善を=商務省幹部と会談―経済界訪中団

時事通信 9月22日(木)17時22分配信

 【北京時事】主要企業のトップらが参加する日中経済協会(会長・宗岡正二新日鉄住金会長)の訪中団は22日、中国商務省の幹部と北京で会談した。

 宗岡氏は「法制度を変更する際の予見可能性の確保や知的財産権保護の強化などに期待したい」と述べ、中国に事業環境の改善を促した。

 商務省の高燕次官は「公平で透明性の高い環境をつくり、開放政策をさらに進めたい」と述べた。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は「中国市場に関係のない海外の企業合併でも中国当局に届け出が必要なのは不合理だ」と独占禁止法の改善を求め、商務省が検討する考えを示した。 

最終更新:9月22日(木)17時25分

時事通信