ここから本文です

ハーフナー勝利もPK戦蹴らず「今日はやめとく」

日刊スポーツ 9月22日(木)10時49分配信

<オランダ杯:NEC1(3PK5)1デンハーグ>◇1回戦◇21日◇ナイメーヘン

 FWハーフナー・マイクが所属するデンハーグが1-1からのPK戦の末、NECを下して2回戦進出を決めた。

 90分を終わって0-0と決着が付かず、試合は延長戦に突入。延長前半15分にNECのMFブラインブルフにPKを決められて先制を許したが、同後半9分、左サイドからのクロスにハーフナーがニアで潰れ、ルーズボールをFWカスタネールが押し込んで同点に追いつき、勝負はPK戦へのもつれ込んだ。PK戦ではデンハーグが5人全員成功し、NEC3番手のDFフォミツホフのキックをGKスインケルスがセーブし5-3で勝利した。

 ハーフナーは120分フル出場したが、PK戦では「監督から『蹴るか?』と聞かれたけれど、『今日はやめとく』と断った」と、キックしなかった。「試合の中であんまり(自分が)良くなかったと思った。多分6番目(のキッカー)だった。勝ちは勝ちなんで、次はまたPKを蹴ります」。

 24日のリーグ戦ではMF小林祐希が所属するヘーレンフェインと対戦する。

最終更新:9月22日(木)15時12分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。