ここから本文です

レアル、ホームで引き分け 連勝16でストップ

日刊スポーツ 9月22日(木)10時49分配信

<スペインリーグ:Rマドリード1-1ビリャレアル>◇21日◇マドリード

 Rマドリードがホームでビリャレアルと1-1で引き分け、リーグ連勝記録は16でストップし新記録達成はならなかった。

【写真】大迫が今季初ゴール ケルン逆転勝ちで2位浮上

 前半ロスタイムにDFセルヒオラモスがハンドでPKを献上。これをMFブルーノに左足でゴール真ん中へ決められて先制点を許したが、後半3分、MFロドリゲスの右CKにセルヒオラモスが頭を合わせ、前半のミスを帳消しにする同点ゴールを決めた。終盤にはFWモラタを投入するなどして勝ち越しを狙ったが、相手シュートの3倍の18本のシュートを浴びせながらも追加点は奪えず、ドローに終わった。

 ジダン監督は「前半、チームには激しさが足りなかった。しっかりと試合に入ることをいつも望んでいるがそれが出来なかった。いつも良いプレー、開始からトップにギアを入れることは出来ないし、今日はそういう日だった。後半は良くなった。今はしっかりと休んで次の試合に集中することが大事だ」と、24日のラスパルマス戦へ照準を合わせた。

 Rマドリードは4勝1分けの勝ち点13で首位。2位セビリアとは2差、3位バルセロナとは3差。

最終更新:9月22日(木)13時15分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]